体質別養生法

 ~ギトギト型(湿熱)、スコア表~

 

 

  何をするにもせっかちで怒りっぽいタイプの方がいます。

  そんな方は、ギトギト型(湿熱)かもしれません。

 

  中医学的には、湿は陰、熱は陽に属し、二つのタイプが混在しています。

  夏や秋は蒸し暑く、湿気が多いシーズンです。

  湿と熱が人体に影響して、相対的に熱の症状を起こし易くなります。

 

  ギトギト型の方は、顔色が黄色っぽい色や暗い色になりやすく、オイリー肌になりがちです。

  肌のトラブルでは、ニキビなどが化膿しやすく、腫れや痛みが出やすい傾向があります。

  歯は黄色っぽく、歯肉は赤っぽく、舌が赤くて舌の苔が黄色いことが多いです。

  まずは、中華中医薬学会のスコア表をご覧ください。 下差し

  

なし

少し

時々

いつも

非常に

1

鼻が脂ぎってテカテカしている

1

2

3

4

5

2

ニキビや皮膚が化膿しやすい

1

2

3

4

5

3

口が苦い、異味を感じる

1

2

3

4

5

4

大便がすっきり出ない

1

2

3

4

5

5

排尿に尿道の熱感

尿の色が濃い

1

2

3

4

5

6

帯下の色が黄色い(女性)

1

2

3

4

5

7

陰嚢が湿気ている(男性)

1

2

3

4

5

 

  16点≦ ギトギト型(湿熱)

  15.14点  傾向あり

  13点≦ ちがう

 

  いかがでしたか?

  次回以降、体質に応じた養生法をお届けします。