コロナと中医・漢方  ~体質と感染症、陰虚~

 

・感染症と体質

 中医では、歴史上、体質と病気の関係を研究してきました。

 今回のコロナウイルス感染症の症状は、『温病』というカテゴリーに分類されることが多いのが特徴です。

 その『温病』に関係する体質として、①気虚、②陰虚、③湿熱、④痰湿 等が挙げられます。今回は、②陰虚についてまとめます。

 中医では、人体に必要な要素が不足すると、人体を害する要素が問題を引き起こしやすいと考えます。

 『陰』の不足による症状と、その診断。治療の原則と食材などについてまとめます。

 自身の体質を知り、『温病(コロナ感染症も含む)』に負けない体を!

 

・『陰虚』

 中医では、人体を陰と陽に分けて大きく二つに分類しますが、陰には体を潤す作用が含まれます。

 『陰』が『虚(足りない)』、つまり、相対的に人体の体液成分などの不足、乾燥気味の体質です。

 典型的には、

 ① 冬場でもアイスクリームが好きな、スリムな女性、 

 ② 肌は乾燥、ニキビが多く、髪もギシギシしがち、

 ③ ノボセやホテリ、 

 ④ 動悸や不眠症や便秘になりやすい。

  こんな症状が気になる方、 『陰虚』タイプかもしれません。

 乾燥肌で悩んでいる方、水分をよく摂る方、陰虚の体質かもしれません。

 特に、女性に多い体質です。

 まずは、中国の中華中医薬学会による陰虚のスコア表をどうぞ!

陰虚スコア 合計点 ≧21  陰虚体質

          20~18 傾向あり

          <17  違う

  いかがでしたか?

 

・陰虚タイプの養生のポイント

 

 ポイントは、『陽』を控えて『陰』を増やす こと。具体的には、以下の様な内容です。

おススメは、

 ① ユックリした運動、太極拳とかそんな感じの運動です。激しい運動で大汗をかくなどは、控えた方が無難です。

 ② 味の薄いモノ・高タンパクでビタミンの多い食事を心がけましょう!

 ③ マッサージもおススメです。

 ④ グッスリ寝るのが重要です。

 

おススメでないのは、

 ① 激しい運動。 汗をかきすぎると、元々乾燥気味なのに体液を消耗します。

 ② お灸のし過ぎは逆効果です。(熱で陰を傷つけるから)

 ③ 辛いモノ・脂っこいモノの食べ過ぎは、避けるべき。

 ④ ストレスを避けることも、重要です。

 

陰虚体質の原因

 ①生まれつきの体質

 ②ストレス: 内に溜まったストレスは、体の陰性成分を消耗させます

 ③飲食の影響: 辛い食物、刺激の強い食物は控えましょう

 ④女性: 月経や妊娠/出産での体液を消耗することが多いので、注意が必要です。

 

・陰虚のおすすめ食材

① 梨

 梨は、『百果の宗』と呼ばれ、汁気が多くて甘みと酸味があり、『天然のミネラルウォーター』とも言われます。『宗』は、大本・本家・祖先、そんな意味です。

 中医では、清心、利便、咳を止めて潤す、酒の酔いを醒ます等の効能があります。

 清熱潤肺の機能を持つとされ、咳止めや痰切り、のどの調子を整えるなどの保護作用があり、中医では肺陰虚(呼吸機能系統の乾燥)と診断された患者さんに特におススメです。

 梨は、空咳や口喝、便秘などの症状に使われます。

 感染症後に、病気で失った体液成分の補充としても使われます。

 糖尿病や慢性腸炎の方は、おススメではありません。

 中医的には、カニと食べ合わせが悪いとされます。  

 

② 白キクラゲ

 性は平、味は甘・淡、多くの栄養素を含む食品です。

 歴代の王朝で、『延年益寿の食材』として珍重されました。『菌類のチャンピオン』ともよばれます。

 中医では、胃腸を整え、生命力を増し、睡眠を良くし、体液を補い熱を取る等の作用があるとされます。『陰虚火旺(体液成分が不足し、相対的に熱が盛ん)』な状態で朝鮮ニンジンなどを使いにくい場合、体力を補うために使われます。

 白キクラゲは、慢性気管支炎や免疫力の低下、虚弱体質、空咳、月経の不順、胃炎、便秘などに用いられます。また、長期に使うと皮膚の状態を整える作用があります。

 アレルギーのある方は、要注意です。