今日は5月5日端午の節句です。

 中国では5月は悪い月とされ、アオイや菖蒲などの香りの強い薬草で悪い気を払う行事があったそうです。もともと、5月5日は女性の節句でしたが、『菖蒲』が『尚武(武を重んじる)』と同じ音であったため、日本では男の子の節句となりました。

 鎌倉時代には、5月ごろに武具を虫干しする習慣があったそうです。

 

 今回の写真は、春日大社(奈良県)が所蔵する

 国宝「赤糸威鎧[竹雀虎金物]」(あかいとおどしよろいたけすずめとらかなもの)

 

 1/4サイズのプラモデルです。

 

 あの源義経が奉納したという伝説もあります。

 現存する中では最も美しい鎧のひとつとされ、国宝中の国宝です。

 『竹雀虎』を西の横綱とすれば、対する東の横綱は『国宝赤糸威菊一文字」』なのだそうです。

 こちらも素晴らしい甲冑ですが、調べた限りではプラモデルがない (>_<)

 

 兜の裏まで、びっしり装飾!

 

 しばらく、クリニックに置いておく予定です。

 古来より、『菖蒲は邪気を払う』とされます。

 緊急事態宣言が延期されてしまいましたが、武運にもあやかって、一日も早く平穏が戻ることを願っています。